医療脱毛「打漏れ」のリスクマネジメントについて

医療脱毛「打漏れ」のリスクマネジメントについて
医療脱毛でのリスクの1つ「打漏れ」というのは、脱毛予定の幹部にレーザーが照射されずに体毛が残ってしまう失敗のことを指します。

脱毛後に「打漏れ」が存在するか否かという判断は、脱毛後の抜毛の状態で見極めることが可能になります。
本来、脱毛に成功すれば最低でも3週間で体毛が損失すると考えられていますが、それ以上の期間で体毛が残っているとすれば、「打漏れ」があったと判断することができるのです。

「打漏れ」は施術者の技術と脱毛の部位に左右されます。
入り組んだ箇所の脱毛で打漏れが発生する可能性があると念頭においておくと良いでしょう。
リスクマネジメントとして、期日付きで無料で脱毛を繰り返すクリニックも存在しています。

最も打漏れが頻発する部位は複雑な形状で色素沈着、多毛が多い女性の「VIO」であり、同時に多毛で剛毛な部位のために痛みの強度が高いゾーンでもあります。

この部位の打漏れを回避する術として、あらゆるタイプの麻酔を用いることを推奨されるクリニックも存在します。打漏れを対応はクリニックごとに千差万別です。
また、昨今はレーザー照射口の経口の広い機器が普及しており、打漏れの原因の1つにも考えられます。

以上、医療脱毛の「打漏れ」についてを簡単にご紹介しました。
クリニックごとに対応は異なるものですが、自由診療料金に沿ったリスクマネジメントをとるクリニックを見極めたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です